2022年3月21日
春分の日

2022.03.21

IMG_0993

3月21日 今日は春分の日です。そして彼岸の中日です。
彼岸には春彼岸と秋彼岸があり、春分の日と秋分の日を中日とした前後3日、合わせて7日間をいいます。

3月18日(金):彼岸入り
3月21日(月):彼岸の中日(春分の日)
3月24日(木):彼岸明け

お彼岸は他の仏教国にはない日本独自の行事です。
お彼岸についての最古の記録では、延暦25(806)年。
つまり1200年前の平安時代に彼岸がはじまったとされる説があるそうです。

古来から日本には、太陽信仰と先祖崇拝という素晴らしい信仰がありました。
春に種をまき、秋に収穫するという生活を営んできた日本人にとって、太陽が真東から上がり真西に沈む日を特別な日として捉え大切な節目として今に残してくれたわけです。

自然と共に生き、命を繋いでくださったご先祖様に感謝ですね!

ちなみに、お彼岸と言えば「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、基本的には同じものです。
その季節に咲く「牡丹」と「萩」の花から、春は「牡丹餅(ぼたもち)」、秋は「御萩(おはぎ)」と呼び分けるようになったそうです。
先人達の感性って素敵ですね

ぼたもち

当店のわっぱ弁当箱にぼたもちを詰めて、家族揃ってお墓参りに行きませんか。
まだ冷たい春の風に吹かれながら、みんなでぼたもちを食べる幸せ。
ご先祖様もきっと笑顔で見守って下さると思います❣️

当然、お墓参りにお線香は欠かせません。
ふるさ~とぉ~いつも毎日香♪
当店のお香もよろしくお願いします!

WPLA5618

Share this post

OTHER ARTICLEほかのブログ