2022年1月14日
フランス生まれの木製ブロック【KAPLA】

2022.01.14

IMG_0713

フランス生まれのワンサイズ木製ブロック【KAPLA】

考案者トム・ブリューゲンは、自身の城を設計デザインから石積み、内装まですべて1人で手がけました。
お城の模型にはじめは積み木やブロックを使っていましたが、思い通りの模型ができません。
そこで、トムは板をさまざまな形に切って模型を作りました。
それが【KAPLAブロック】の始まりです!

IMG_0714

IMG_0717

模型の板は三角形、長い板、短い板、といろいろな形がありましたが、お城づくり18年の間に、次第にひとつの形になりました。
トムは1:3:15という比率の薄くて細長い板が一種類あれば、床も柱も屋根も思いのままに作れることを発見したのです。
15年に及ぶ試作研究の末、「KAPLA」の原型となる板の誕生です。

1987年の発売と同時に数多くの玩具賞を受賞したKAPLAブロックは
「何でも作れる!」と話題になり、欧米各国の子ども達へまたたく間に広がりました。
高く積み上げたり、頭を寄せ合って一緒に作ったり、今も昔も、子ども達の遊ぶ姿は真剣です。

IMG_0718

画家であり造形作家であるハナ・ブリューゲンが創作した数多くの作品から厳選された約75作品が、美しい写真とイラストで紹介した「KAPLAアートブック・L’art KAPLA」となって、出版されました。
木目にまでこだわった作品集です。全4冊刊行。

ちなみに当店にあるのは「緑」のアートブックです。
初級(4才くらい~)シンプルな建物を中心に、家具、パターン模様など全30種類が掲載されています。

IMG_0715

IMG_0716

KAPLAブロックで遊ぶと、崩れるときに「カラカラ、カッシャーン」という心地よい軽やかな音がします。
この音は、日本の音響工学の専門家によって「木琴と同じ波形」と実証されました。
五感は大切な遊びの要素。
・木目が美しく、
・崩れる音がきれいで、
・握り心地がやわらかで気持ちよく、
・針葉樹のすがすがしい香りがする。
五感に心地よいことで遊びが続き、集中力が高められると言われています。

ゲームやインターネット等で酷使してきたお子様の目や脳を休める意味でもKAPLAブロックは活躍してくれそうです!
大人も夢中になるKAPLAブロックでお子様と一緒におうち時間を楽しんで過ごしてみてはいかがでしょう!

Share this post

OTHER ARTICLEほかのブログ