2021年11月28日
カップ&ソーサー

2021.11.28

素敵なカップ&ソーサーを2つご紹介します!
ティータイムに活躍するカップ&ソーサーには、紅茶用・コーヒー用、どちらにも使える兼用タイプなど、いろいろなものがあります。
テーブルに置いたときの存在感や口当たりは、使用されている素材によって異なります。
ナチュラル派なら、厚手でぽってりとした「陶器」を!
おもてなし用には、薄手でフォーマルな印象の「磁器」をチョイスしてみてはいかがでしょう。

Gustavsbergグスタフスベリ Salixサリックス Black 復刻版

IMG_0281

スティグ・リンドベリによるSALIXの復刻版カップ&ソーサー
ヴィンテージとして、とても人気の高いSALIX(サリックス)シリーズの復刻版カップ&ソーサーです。
SALIX(サリックス)は1950年代にスカンジナビアン・テーブルウェアズで発表されたシリーズで、
巨匠Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)がデザインを、
「LOTUS」「MAXIM」を手がけたBibi Breger(ビビ・ブレガー)が絵付けをしています。
復刻版はヴィンテージのものよりも少しシャープなフォルムになって、よりすっきりした雰囲気があります。

「SALIX」とは、ラテン語で「柳の葉」という意味。
ひとつひとつ丁寧に描かれた葉の形はとても繊細で、カップとソーサーを美しく彩っています。

ちょっと控えめで、凛とした美しさを持つSALIXは、大人のお茶の時間にぴったり。
自分のための贅沢な時間や大切な方との特別な時間を過ごすときに選びたいカップ&ソーサーです。

IMG_0283

西海陶器  negaposi カップ&ソーサー

肥前の産地の一つ吉田(佐賀県)で、今もなお引き継がれている「水玉彫り」。
その模様は、一つひとつ手作業で彫られています。
「negaposi」では、昔から旅館などでよく目にする懐かしいデザインを、今のライフスタイルに合わせてアレンジした、老若男女を問わないオールマイティーのテーブルウェアです。

IMG_0276

IMG_0278

IMG_0287

今回はカップ&ソーサー2客づつを2種類ご紹介しましたが、
その他にも素敵な食器を取り揃えておりますので
お近くにお越しの際はぜひ当店へ足をお運びください!
皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

Share this post

OTHER ARTICLEほかのブログ