2022年4月12日
葉桜の時期になりました!

2022.04.12

IMG_1423

桜が咲き始めるとワクワクしますが、散り始めると寂しい気持ちになります。
薄桃色のふわふわな景色が、日に日にくすんだ色合いになってきて切なくなります。

その一方で花が散っていく様子は趣深い側面もありますよね。
そんな桜が咲き終わる頃によく使われる言葉に、「葉桜」があります。

葉桜とは、桜の花が散って葉だけになった状態を指す言葉と思いがちですが、
厳密に言うと、花が散りだしてから若葉が芽吹き終えるまでの期間を指す言葉なんです。

IMG_1424

桜は春になると花を咲かせますが、新緑が芽生えるのは開花する頃から。
そのため、花が散る時にはまだ葉は少なく、一時的に桜の木がくすんだように見えてしまいます。

IMG_1429

この「めしべ・おしべ、散る前の花・小さな新緑」がある状態を「葉桜」と指します。
また、花と入れ替わるように新緑がぐんぐんと伸び、青々とした状態のことも「葉桜」と呼びます。

ちなみに、俳句に付きものの「季語」。
葉桜も季語の一つなのですが、実は春ではなく初夏の季語にあたるそうです。
若葉が生き生きと成長する様子を、新緑の美しい初夏の爽やかさに繋げて季語としているんですね。
趣があって素敵です。

葉桜について調べていたら、もう一つ素敵な言葉を見つけました!
「花筏(はないかだ)」
皆さんはご存知でしたか?私は初めて知りました。
なんて素敵な言葉だろう❣と感動してしまいました。

2661843_s

青森県弘前市
弘前公園の花筏(写真ACより)

花筏(はないかだ)とは、散った桜の花びらが川面に浮き、それらが連なって流れていく様子のことです。
その花びらの動く様子を筏(いかだ)に見立てた言葉といわれます。
上の写真は、それはそれは美しい弘前公園の花筏です。
私の写した花筏の写真では感動は伝わらないと思ったので
フリー素材ダウンロードの「写真AC」さんよりお借りしました。

日本語の美しさと、桜の木を愛する心が生み出した素敵な言葉です。
そして、目を見張るほど美しい現象。
桜の木からこんなにもたくさんの感動をいただきました!

Share this post

OTHER ARTICLEほかのブログ